地球研PR研究

1.地球研PR研究とは

地球研PR研究とは、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球科学研究所の段階的な実践プロジェクトのことです。IS(インキュベーション研究 Incubation Studies)、FS(予備研究 Feasibility Studies)、PR(プレリサーチ Pre-Research)、FR(フルリサーチ Full Research)という段階を踏むこととなっており、私たちのプロジェクトは今年度PR(プレリサーチ)研究に採択されました。

陸と海をつなぐ水循環を軸としたマルチリソースの順応的ガバナンス:サンゴ礁島嶼系での展開 (責任者:新城竜一)

2.なぜこの研究をするのか

豊かなサンゴ礁の海を育む島々は、熱帯~亜熱帯にかけて広く分布しています。サンゴ礁島嶼では水は大変貴重で、そこで暮らす人々は昔から地下水や湧き水といった限られた水資源を工夫しながら大切に利用してきました。水は資源として人々の暮らしに密接に関連する一方で、その形態を変化させながら循環しており、陸と海とをつなぐ媒体としての役割も担っています。島嶼では陸と海をつなぐ水循環のスケールが小さく、私たちの生活の糧となる海洋資源を育むサンゴ礁生態系もこの水循環を介して陸と密接につながっています。このようなサンゴ礁島嶼系では、地域固有の生物や文化の多様性も育まれてきました。しかし、近年、土地利用や社会経済の変化の影響を受けて、島嶼の水資源の枯渇や水質の悪化が生じており、水循環を介してサンゴ礁生態系の劣化を引き起こす要因にもなっています。さらに、気候変動に伴う降水パターンの変化や海面上昇、海洋酸性化や海水温の上昇も、状況の悪化に拍車をかけています。サンゴ礁島嶼に住む人々が、脆弱性の高い水資源や水産資源、森林資源などの島嶼の限られた自然資源(マルチリソース)を持続的に利用していくためには、気候変動や社会経済の変化に対応可能な順応的ガバナンスの強化が必要です。

3.本研究の目的と目指すこと

琉球孤の島々やインドネシア、パラオなどの西太平洋の熱帯・亜熱帯にあるサンゴ礁島嶼系において、人々が水資源や水産資源、森林資源などの島嶼の限られたマルチリソースを持続的に利用していくため、1)各種の安定同位体、環境トレーサー、メタゲノム解析によって陸と海の水循環を介したつながりを明らかにし、気候変動や社会経済の変化によるマルチリソースの応答を把握・予測します。次に2)歴史生態学的アプローチにより、島の暮らしの中で育まれてきた生物と文化のつながりや多様性を明らかにし、資源の限られた島嶼コミュニティにおける生存基盤の維持機構を解明します。さらに3)行動科学やマルチレベルの制度分析により、順応的ガバナンスの制度・組織・意識の変遷や重層性を明らかにします。また、4)順応的ガバナンスでは、知識(科学的、地域的、政治的)の橋渡しを重要な構成要素ととらえ、それらの関連性を可視化することで新たな価値観の創造や科学知と地域知の統合を試みます。これらの成果により、サンゴ礁島嶼系において気候変動や社会経済の変化に対応したレジリエントな自然共生社会の実現に貢献したいと考えています。